フルアーマーユニコーン クリアカラー

皆様、こんにちは。こんばんは。

先週末に引き続き、世間では明日から3連休ですね。
僕には連休がございません。

という事で、少し前に地元の最寄の大型リサイクルショップに出向いた時に
購入した品を紹介します。

今になって思い出しましたが
今月に入ってスグくらいの時期です。
先月の買物の時に貰ったくじが当選していて
合わせて1000円以上の割引券となりました。

ありがたい。
いや、それだけ先月は色々と買物をしてしまった訳なのですけど。

店内をプラプラ~として、ガンプラコーナーに立ち寄ると
値札が付いていないガンプラがありました。
限定版っぽいし高いのかな~と思いつつも
店員さんに値段を聞くと…3000円との事でした。

きっと安いよな~と思いつつも少し悩みました。
で、値札が付いたガンプラが店員さんによって運ばれている最中に
「やっぱり買います」と受け取り購入してきました。

それがコチラ
イメージ 1
「HG フルアーマーユニコーンガンダム デストロイモード クリアカラー版」です。
買うべきか?悩んだ理由は
家にHGのユニコーンガンダムが沢山ある事と
そもそも、フルアーマーユニコーンも2体あります。MG入れると3個。
予約したRGも入れると4個目なので…

でも、最近はクリアカラー限定版を買い漁っているので
コレクションの一部にしよう!と思ったのです。
あと、フルアーマーユニコーンを最終的に何体も並べたら
それはそれで面白そうだと思ったのです…作るの大変そうですが。

1000円分の割引券も使ったので、更に安く入手できました。
ちなみに、このクリアカラー版が何の限定版なのか?全く知りません。
イメージ 2
中身を紹介します。未開封状態ですけど。
グレーのパーツは通常版と同じグレーっぽいです。
いや、失礼。コチラは支柱パーツですね。
フルアーマー装備を支えるために必要な部分です。

そういえば、その下に見えているクリアブルーのパーツが
どの部分なのか?全く分かりません。
ユニコーンガンダムに青のパーツって無い気がしたので
(紺色はありますが、その部分でしょうか?)
イメージ 3
サイコフレームの赤部分はメッキカラーになっています。
ボディ全体がクリアカラーなので、透けて綺麗に見えそうです。
イメージ 4
ユニコーンガンダム本体の白カラー部分は
透明度の高いクリアカラーのパーツが使われています。
イメージ 5
そしてコチラ、通常だとグレーカラーのパーツ部分は
スモークグレーの様なクリアカラーパーツになっています。

色合いが判り辛いかもしれませんがビームマグナムの部分です。   
本体グレー部分もクリアパーツというのは
僕が所持する他のHGクリアカラーガンプラには無い特長ですね。
イメージ 6
コチラはフルアーマー装備の一つであるプロペラントタンクです。
設定上は白のカラーリングですが
ユニコーン本体の白が完全なクリアカラーなのに対して
タンク部分は半透明・乳白色なクリアパーツが使われていて
差別化されているのも拘ったパーツ分類だと思いました。

これでざっとですがパーツ部分の色紹介は終了です。
クリアの色分けも細かくて作りがいのありそうなガンプラです。

でも、イキナリこのフルアーマーユニコーンを作る前に
他のクリアカラーガンプラを作って(実験台…)
クリア素材での組立て方を実践・試しておきます。

塗装しなくて済むから楽そうだと思って購入した
クリアカラーのガンプラですが
パーツを切り取った跡(ゲート跡)処理や
パーティングラインを消すためにヤスリがけを行って
その傷を消す作業を進めて、最終的にはクリアカラーを塗装して
綺麗にする…という方法があるみたいです。

それを試して少しでも綺麗に仕上げたいな~と思いつつも
その作業を進めたら通常のガンプラを塗装して仕上げるのと
時間的に大差なさそうだな~とも思いました。

とりあえず、購入前には少し悩みましたが
良い・珍しいガンプラを入手できて満足です。

やはり「買わずに後悔、よりも買って後悔」という言葉は
重要なのですねぇ…僕には。

この記事へのコメント