アクリルガッシュ買い足し

皆様、こんにちは。こんばんは。

先週の半ば頃から
昨日完成させた「煌・ギラーガ ダンバイン風」の塗装を始めたのですが
最初にボディ全体をアクリルガッシュ(水性アクリル絵の具)で筆塗りしはじめると
黒の絵の具が無くなりそうになりました。

「行けるか!?」と思って塗装を進めましたが
無事に黒の塗料が尽きる前に下地の黒塗りを終える事が出来ました。
一安心。

でも、黒の絵の具は何かと使います。
イラスト風塗装を行う際に
装甲の裏とかの影部分は真っ黒に塗りつぶすので
一番使っている色が黒なのですね。

という事でアクリルガッシュを買い足しに行きました。
普段出向いているホームセンターの文房具コーナーで
アクリルガッシュを大量に揃えているのを先日偶然知ったので
そのお店に出向いて色を買い揃える事にしたのです。

それまでは横目で見る程度で詳しく確認しておりませんでしたが
アクリルガッシュの通常カラー版だけで無く
パステルカラー、そして和風カラーもありました。

更にメタリックやパールカラー、ラメ入りもあった気がします!
凄いなぁ…メタリックカラーがあるのかぁ。
少し興味がありましたが、流石に買って試すつもりは無かったです。
イメージ 1
で、コチラの6本を購入してきました。

一番使うのが(切らした黒が)一番右の「JET BLACK」で
その次に使っていた「WHITE」も買い足しておきました。
イメージ 2
で、同じく白と黒の「MIXING WHITE」と「LAMP BLACK」
コチラの2本は実は混色専用の白と黒なのです!
お店で見るまで知りませんでした…

なるほど。混ぜる用の白と黒があるなら便利なので買うことにしました。
ガンプラのイラスト風塗装を行う際には
本体カラーと、その影の色を用意するために
白と黒を混ぜて使うので必須アイテムだったのです。
イメージ 3
そして、今回塗装したダンバイン風のカラーの絵の具も買うことにしました。
塗料が無くなる度に色を調合するのも面倒なので
基本カラーの紫と緑だけは絵の具を用意しておこうと思ったのです。

先程お伝えした「パステルカラーシリーズ」の「LAVENDER」を
ボディメインカラーの紫に使うことにして
他配色の緑は「IVY GREEN」を選びました。

結果的にイラスト風塗装でも
ボックスアートの様な細かい色を塗りたくる方法を選んだので
その度に色を付け加えたりしました。

買い足したメインカラー2色をそのまま使った部分は
黒地の上に塗装した第一段階目の筆塗りで
多めに使ったくらいですね。
イメージ 4
一応、多少は光や影の部分を考えつつも筆塗りしましたが
あまり細かい事は気にせずに、細かく色を乗せるように
適当に筆を動かして塗装しました。

アップで見ると粗が目立つので接写は控えます。

どれだけ時間をかけたのか?
チェックしていないので正確には把握しておりませんが
下地黒に最初の1日、他のメインカラーが3日かかっています。

普通にイラスト風塗装を行うより時間がかかっているかもしれませんが
曲面が多くて細かいモールドも少ないので
ダンバインカラーで仕上げるには塗り分けで苦労する事はありませんでした。

胸の緑部分は元のダンバインっぽく前後で色分けして
頭部は…もっと強引に塗り分けています。
元々のキットの形状を無視して黒く塗り、瞳部分を筆塗りしています。

時間はかなりかかっていますけど
最近になって始めたエアブラシでの全塗装と比べると
アクリルガッシュでの筆塗りの方が僕個人的には合っている…気がします。

エアブラシの方が扱いが大変だと思ってしまいます。
扱いというか、準備と片付けが面倒だと感じているのかもしれません。

この記事へのコメント