SDユニコーンガンダム3号機フェネクス 製作報告

皆様、こんにちは。こんばんは。

今日は久しぶりにまとまった雨が降りました。
雨降る中、買物に出かけて多くの荷物を持ち帰りましたが
わざわざ今日買物することも無かったよなぁ…と思いました。

さて、紹介する順番はメチャクチャになっておりますが
僕がガンプラのイラスト風塗装を行って
4番目に作ったガンプラを紹介致します。
(煌ギラーガ・ダンバインが5作目)

お伝えする順番が入れ替わっているのは…色々と理由があるのですけど
後々判明するかと思います。
今年の8月半ば頃から作り始めたのがコチラ
イメージ 1
SDガンダムBB戦士シリーズ
「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」です。

地元のオモチャ屋さんのガンプラコンテストに出すために用意しました。
コチラを選んだ理由は
新作アニメ(映画)にてナラティブ版としてフェネクスが登場するので
話題としてはいいかな~と思ったのです。

特徴となるテールスタビライザーをプラ板で作れば
フェネクス・ナラティブ版になりますから、そうしましょう。

と計画して…作り始めて暫く経過してから
「SDCS(クロスシルエット)」で発売されると知り愕然としましたが…
(なので、新作発売前に紹介しておこうと思ったのです)

そして、SDガンダムなら作るのに簡単そうですし
イラスト風塗装で表現するのも楽そうだな~と思ったのです。

まぁ、塗装を始めてから
この考えが全く甘すぎたと痛感しましたけどね…

という事で、今日から暫くは
SDガンダム・フェネクスの製作過程を紹介します。
プラモコンテストも終わって手元に戻ってきましたので
この週末にGUNSTAにもアップする予定でおります。
イメージ 2
製作過程ですが、まずパーツを切り出してゲート処理を行いました。
もう、細かい事をスッカリ忘れておりますが
接着して合わせ目消しを行ったのはビームマグナムくらいでしょうか。

パーツを分類してケースに入れて区別しておりますけど
SDガンダムとはいえ…パーツ数がかなり多いです。ヤバイです。
イメージ 3
金色カラー部分は細かいラメの入った金色プラ素材で表現されています。
百式と同じ素材だと思います。

まぁ、イラスト風塗装を行うので
この上に容赦なく塗料を塗りたくります。

大きい画像がありませんが
サイコフレームの青いクリアパーツは確か蛍光素材で
ブラックライトにも反応する気がしましたが、それも塗ってしまいます。
イメージ 4
エアブラシで白サーフェイサーをパーツ全てに吹き付けました。
イラスト風塗装の下地となります。
イメージ 5
サーフェイサーをどの程度吹き付ければ良いのか?
未だによく分かっておりませんが
塗装で使用する水性アクリル絵の具は塗料の乗りが良くて隠ぺい率が高いので
サーフェイサーは軽く・薄く噴いて終了しています。
希釈は3倍くらいにして塗装しています。
イメージ 6
そして、綺麗なクリアブルーだったサイコフレーム部分も
白サフで塗装してしまいました。

イラスト風塗装を行うので
クリアカラーが残るのも不自然ですし
ここは気にせずにクリアを消してしまいましょう。

ここまでが下準備です。
いつも思うことですが、エアブラシ塗装用の持ち手にパーツを取り付けるだけでも
30分~1時間くらい経過してしまいます。

SDガンダムとはいえ、ユニコーンガンダムはパーツが多く
ディテールが細かいので…
この後、本当に苦労することになるのでした。

続く。

この記事へのコメント