SDフェネクスNT LEDライトアップ版 照明紹介

皆様、こんにちは。こんばんは。

今日は陽気の良すぎる妙な天候でした。

僕の地元では最高気温が20度でしたが
12月なのにそれほど寒さを感じません。
先程、外に出てみましたが雨も降っていて風が生暖かかったです。

家の中の方が冷えていて寒いです…
イメージ 1
さて、GUNSTAに投稿した
「SD フェネクスNT版 LEDライトアップ版」ですが
今日は使ったLEDライトを紹介します。
イメージ 2
1~2ヶ月くらい前にダイソー購入していたLEDライトです。
正確な名称・方式が不明なのですが
8つのLEDライトがリレー式に繋がっています。

コチラは点灯タイプですが点滅タイプも販売しておりました。
ダイソー製の普通の製品なので100円です。安し。

「LR44」ボタン電池が3個必要なので
同じくダイソーで販売されていた電池2個入りを2つ購入しました。
300円で割と本格的なLED照明となります。

パッケージ写真にも記されていますが
電池とスイッチが入っているケースがコルク栓っぽい形状で
本来はビンの中に入れて点灯させるみたいです。

思いっきりガンプラの照明に使いましたが…

このままの状態だとLEDライトは白く光るのですが
フェネクスのサイコフレームはブルーに発光するので
イメージ 3
パッケージボックスだとコンナ感じですが
青く発光させる方法として透明の青フィルムを用意する事にしました。
イメージ 4
コチラもダイソーで購入した透明おりがみです。
透明・クリアカラーのフィルムタイプなのでコチラを使ってみました。
イメージ 5
台座として使用したコトブキヤ・プレイングベースAに付属する
3ミリ穴の開いた筒状アームを使います。付属数は6個です。

LEDのライト部分を通すにはサイズに余裕があります。
イメージ 6

筒状アームとLEDライトの間に
小さく切り取った透明おりがみ・ブルーのフィルムを入れます。
フィルムは丸めて筒状として差し込むだけです。
イメージ 7
ライトをONにするとぶブルーに発光してくれます!
これは綺麗でそれっぽい色合いなので満足です。
イメージ 8
プレイングベースに繋げました。

LEDライトが動くとフィルムも一緒に動いて外れてしまいますが
何度かフィルムの位置を調整しつつフェネクスの撮影を行いました。 
 
LEDライトのケーブルも多少は動きをつけてクセつける事が出来て
プレイングベースの曲面アームも根元が回転軸で動くので
中央にガンプラを設置して角度を色々と調整して撮影してみました。

カメラ・照明の本格的な知識はございませんので適当クオリティですが
ガンプラの周囲をLEDライトで囲むようにして
撮影するのは初めてですし、撮影していて綺麗で楽しかったです。
イメージ 9
部屋の照明を落として、完全に真っ暗な状態で撮影を続けましたが
シッカリとデジカメ撮影できていました。
12年くらい前のコンパクトデジカメでしたけど。

元々のキットはサイコフレーム部分はクリアブルーなのですが
このフェネクスはイラスト風塗装で仕上げて
サイコフレームのクリア部分も上から塗料を塗りたくっているので
LEDライトの光が透けて見える事はありません。

今回照明したLEDライトはケーブルタイプなので
ガンプラを加工すれば簡単にリレーをガンプラ内に納める事が出来そうです。

一度は試してみたいな~と思いつつも
今はSDコンテストに出すガンプラ製作に励んでいるので
LEDライトを使って遊ぶのも先の事になりそうです。

この記事へのコメント