SDEXトライバーニングガンダム イラスト風塗装 製作報告2

皆様、こんにちは。こんばんは。

とうとう昨晩から寒さに耐えかねて
室内でダウンベストを着用しはじめました。

腕回りの自由が効くのでダウンベストはガンプラ製作にはオススメです。

でも、久しぶりにヤスリがけしまくった後に
家の掃除を行ったら…指が攣りそうになりました!

さて、昨日GUNSTAに投稿を終えた
「SDEXトライバーニングガンダム」の
イラスト風塗装の過程をお伝えしていきます。

元々のキットは青い粒子発光状態を再現しているのですが
今回は青い部分がオレンジ色に燃え上がるような(アニメでもそうなっていた)
「バーニングバーストシステム」状態の塗装を行いました。

簡単に言うとファイヤーパターンですね。
イメージ 1
SDガンダムで小さいので簡単に作れるだろうな~と思いましたが
作るよりも塗装に物凄く時間がかかりました。
その経過報告でございます。

イラスト風塗装を行う前のガンプラに
下地塗装(塗料の乗りを良くするため)を行うのですが
イメージ 2
今回はダイソーの100円缶スプレーを使ってみました。
コチラの艶ありクリアのアクリルスプレーです。

エアブラシの準備を行わなくて済むので楽でした。
ベランダに出て、ある程度パーツ分けしたトライバーニングに
適当に噴き付けました。

このスプレーとは別につや消しクリアーと
黒の100円缶スプレーも用意したので
ソチラも次回以降のお手軽製作ガンプラに使って試してみたいです。
イメージ 3
割と綺麗に艶が出ておりますね。
まぁ、あくまで下地状態なので艶が有っても無くてもあまり意味がありません。
イメージ 4
まずトライバーニングの基本色と言いますか
ベースになる色を大まかに塗りました。
水性アクリル絵具を使っておりますが、白い部分も白の塗料で塗っています。

あ、そういえばGUNSTAの文章に加えてなかったのですが
この段階で装甲裏とか見えない部分を黒で塗りつぶしております。

後々、このベース色も消えてしまう訳ですが
この色を目安に他の色(影や光の色)を乗せていくので
結構大事だな~と今回の作業中、今更ながらに気付きました。
イメージ 5
そのベース色にオレンジ発光部分を塗り
炎のイメージを何となく描いてみました。

こんな感じにしようかな~という目安です。

イラスト風塗装を行っていて毎回思う事ですが
このベース色を塗った後くらいでは
完成予想図があまりイメージできていないので
作業としては少し退屈といいますか…
テンションが上がらない部分ですね。

まだまだ先が長いな~と判っているからかもしれませんが。 
 
ブログ記事もまだまだ後日に続きます…

この記事へのコメント