アストレイブルー(中略)クリア版 続きを紹介

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日(一昨日の晩)に急に左手親指根元を負傷してしまいましたが
今日、幸いにも親がかかりつけの名医の方の予約を入れていたので
便乗して治療して貰いました。

しばらく経過したら痛みが引くそうです…よかったぁ。

とりあえず、もう少しだけ様子を見ます。
激しい運動をやるわけではありませんが
細かい作業等は控えます。

では、途中だった
「ガンダムアストレイブルーフレームセカンドL クリアカラー 1/100」
の続きを紹介します。


限定版のパッケージ箱は単色カラー版で
画像が無いので説明書で紹介します。
イメージ 1
取説は通常カラー版です。
イメージ 2
見開きで細かい紹介ページがあります。
イメージ 3
設定イラストと比べると
こちらの1/100アストレイは肩パーツが大きく
迫力があるスタイルになっていますね。
イメージ 4
ちなみにコチラがHG版パッケージ写真です。
見比べても(画像も小さいからですが)明らかな違いは判らないですね。
イメージ 5
1/100版に話を戻しまして
タクティカルアームズ(可変武器)の写真です。

通常は背中に背負っている羽形状なのですが
大剣に変形するというのは…
今までのガンダムシリーズに無かった武器だと思います。多分。

ゲーム(ガンダムブレイカー)でも使った印象のある武器なので
今回、こうやってガンプラを購入した訳なのですけど。
イメージ 6
アストレイレッド・ブルーの両機体に搭乗する
パイロットのフィギュアも付属しております。

…よ~~く思い出してみると
僕がMG(1/100スケール)のガンプラを作ったのは
かなり昔のメッキカラーのガンダム、Zガンダム、フルバーニアンで
それ以降は作っていない気がします。

で、そのメッキカラー版にも今回の様に
キャラクターフィギュアが付属していた…気がします。

コウ・ウラキとかあった気がしますが
当時の僕には塗装環境が無かったので
作らずにそのままにしていたと思うのですが
作らず、塗らずのままのキャラクターフィギュアは
何処に行ってしまったのでしょうか…?

自分でも記憶が曖昧です。

今の僕なら水性アクリル絵具でのイラスト風塗装を行っているので
筆塗りで当時の付属パイロットフィギュアを塗って
完成させてみたいな~と思うのですが
自宅の何処にあるのか?全く判りません。

まぁ、探す手間を考えたら、その時間で他のガンプラを作ります。

この記事へのコメント