ラフレシア(ガンダム名鑑ガム)イラスト風塗装

皆様、こんにちは。こんばんは。

本日はガンプラ投稿SNS「GUNSTA」にて開催された
「ガンダムSEEDコンテスト」の本戦結果発表がございました。

僕の製作したブリッツガンダムが何故か高評価を得て予選突破し
想像以上の順位になっておりました。
本当にありがたい事でございます。

静岡ホビーショー2019では会場でお会いした方々に
「このブリッツガンダム作った人間です」
という紹介をする事で判ってもらえたというのも
ガンプラを通じた縁というモノを実感しました。

総製作時間は10時間以内で
塗装も失敗したけど…とりあえずGUNSTAに投稿しておこう。
と思った結果が自分の想像を超える出来事となりました。

という訳で、SEEDコンが発表される頃に
投稿作業をしていたガンプラを紹介します。
イメージ 1
 
ガンダムF91に登場するMA「ラフレシア」です。
コチラは…食玩として発売された「ガンダム名鑑ガム」のキットです。
イメージ 2
静岡ホビーショーにて筆塗り塗装の物凄い作品を観て
自分もそういう筆塗りができるようになりたい!
という気持ちから作り始めたキットです。
イメージ 3
ホビージャパンの誌面で
「ウォーハンマー」という小さなキットの塗装表現を見て
小さいガンプラで練習してみよう!と思い
ホビーショーでも実物を拝見したりしましたが
このラフレシア自体は何ヶ月か前に入手済みだったので
じゃあ、コレを作ろう!と決めました。
イメージ 4
 
まぁ…想像していたような緻密な塗り方にはならず
いつもの厚塗りっぽい表現になってしまいました。

延々と細かいキットを塗るのは地味に大変で時間もかかりましたが
練習には丁度良いとも実感出来たので
また、作りたくなったら作ります。

ガンダム名鑑ガムのキット、手元にまだございますし…
明日(以降)は塗装の様子とかをお伝えします。

この記事へのコメント