ラフレシア(ガンダム名鑑ガム)イラスト風塗装の様子1

皆様、こんにちは。こんばんは。

5月もそろそろ終わりますので
ようやく冬物の片付けを始めました。

でも、倉庫部屋に立ち入れないくらいに…プラモが増えたので
そろそろ普通の片付けを行いたいです。

どうやったら部屋の容量って増えるのでしょうかねぇ…?

さて、先日「ラフレシア ガンダム名鑑ガム」のキットを
イラスト風塗装で仕上げたとお伝えしましたが
その様子をボチボチと紹介していきます。
イメージ 1
イメージ 2
組立て前のキットです。
食玩として発売された、一応ガンプラです。
イメージ 3
仮組みしたキットを接着剤と並べてみました。
流し込みタイプの接着剤ですが
コチラを購入したのは…10年くらい前でしょうか?

ガンプラ製作を復帰してから再度使い始めましたが
普通に使えています。

話が逸れましたがラフレシアの大きさは5~6センチです。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
接着して、隙間部分をパテで埋めました。
白い部分が少し見えているかと思います。

ラフレシアはどの面も同じデザインかと思っておりましたが
このキットに関しては、一部バーニアがパイプの様に繋がっていました。
イメージ 7
イメージ 8

そしていつもと同じ様にアクリルガッシュの黒で
全体を下地塗装しました。筆塗りで。
 
サイズは小さいキットですが
かなりディテール細かく作りこまれていて
バーニアの数も多いので…塗り分けは結構大変そうだと
思いながら作業は進めました。

これから色を乗せていきますが
ソチラは後日のブログへ続きます。