ホワイトベース(1/1200 旧キット)

皆様、こんにちは。こんばんは。

仕事終わりにガンプラ探索に出かけましたが
特に欲しいガンプラはございませんでした。

それはそれで良い事です。
サイバーフォーミュラのサイバーマシンプラモを買いましたけど…

さて、今年の1月末に
地元の大型リサイクルショップで見かけて即購入した品を
今更ですけど紹介します。
イメージ 1
旧キットの「1/1200 ホワイトベース」です!

コレは…確実に僕が子供の頃に出たガンプラですねぇ。
コチラは再生産品で本当に当時のモノではございませんが
子供の頃は特に欲しいとは思わなかった懐かしい記憶がございます。

最近になって割と本気でガンプラを作り始めたので
今の僕なら…シッカリ作れる気がします。多分。

丁度、GUNSTAにて「連ジフェス」も開催されているので
作るタイミング的には良い気がします。多分。

あ、お値段は700円くらいだった気がします。安し。
イメージ 2
1/1200スケールのガンダム、ガンキャノン、ガンタンク
そしてガンペリーまで付属しているのは豪華ですが
当時の金型ですし…今現在の小さい形成技術も無い時期なので
そこまで細かく再現は出来ていないだろう。と覚悟しておきます。

塗るのが大変そうですし…

イメージ 3
パッケージ箱側面の写真です。
シンプルな形状とはいえ、ホワイトベースがシッカリ再現されていると思います。

EXモデルでホワイトベースが発売されておりますが
ソチラも現代的なシルエットにディテールアップされているので
アニメ劇中のイメージに近いのは旧キットの方かもしれません。

ガンペリーの見た目もシッカリしてますね。
ガンタンク大きいなぁ。
イメージ 4
で、とりあえず考えているのは
いつもの様にイラスト風塗装で塗りたいな~という事ですね。
塗りがいがありそうですし。
イメージ 5
少し前にガンダムSEEDの旗艦であるアークエンジェルを製作して
コチラもイラスト風塗装で仕上げましたが
塗る面積が広くて、尚且つディテールも細かいので
結構大変だった記憶がございます。

塗装表現が難しい…といいますか。

他にも作りたいガンプラが多いので
このホワイトベース製作に取り掛かるのか?
自分でも判りません。

中身の紹介は後日に続きます。

この記事へのコメント