ガンダムマーカーEX メッキカラー

皆様、こんにちは。こんばんは。 夕方、お遊び制作として とあるキットに下地としてシルバーのサフを噴いたのですが… 部屋中にちょっとシルバーが舞っておりました。 自分の腕も少しキラキラと粒子が飛んでましたし… 塗装ブースとして使っていた羽無し扇風機の限界が近いのかもしれないので そろそろ…新しいブースを自作しよう。シッカリしたモノを。 さて、10日ほど前になりますが 少し遅れた地元での放送のタモリ倶楽部にて コチラが紹介されておりました。 「ガンダムマーカーEX メッキカラー」です。 タモリ倶楽部番組内ではメタル塗装・工作の特集をしておりましたが おそらく、収録した頃はこのガンダムマーカーは売り切れ続出の期間だったと思います。 先週再販されましたので、丁度良いタイミングですし紹介しようかな~ と思いましたが…このメッキを使って何も塗っていないです。 とにかく、お手軽にメッキ再現が出来るという事で 模型業界・ガンプラ好きがざわついたのでした。 パッケージ上部もメッキカラーになっております。 開封もしていないので恐縮ではございますが ガンダムマーカーの筆先は斜めにカットされた状態です。 最初に使う時は筆先を軽く押し込む事で塗料が流れてきます。 塗料の出が悪くなった時にも筆先を押し込むと再度流れてきますが あまりに押し込みすぎると…大量に塗料が流れ込むので注意が必要です。 以前、何かでやらかしましたの…

続きを読む

KOTOBUKIYA MSG エグゼニスウイング

皆様、こんにちは。こんばんは。 9月1日、締め切りギリギリにオラザク投稿を終えて ようやく模型製作に一段落したなぁ~ ノンビリ出来るなぁ~ と思ったら今月末に締切のコンテストが2個控えてました。 … どうしよう。 という事で、その内の一つが デスクトップアーミーのコンテストなのですが ネット応募で過去2年連続して1次予選通過しているので 今年も…頑張ろうと思っております。 で、作品自体はほぼ完成しているので あとは台座とちょっとした追加パーツが欲しいと思ったのでした。 そこで、一昨日の夕方に急遽地元の模型屋さんに出向いて 購入してきたのがコチラです。 「KOTOBUKIYA MSG エグゼニスウイング」です。 ウイングパーツが欲しくて探しに行きましたが 使えるパーツがコチラだけでしたねぇ。 他にも探してみましたし、タモツ塗装コンテストで頂いた品もチェックしましたが 一番使えそうなのがコチラでした。 パッケージ画像での紹介で失礼しますが 背面側に画像紹介があります。 付属しているパーツ一覧が画像で紹介されているので どの様なパーツ構成なのか?分かり易いのはありがたいのですが 角度によって、3ミリ穴接続部分が判らない箇所があるので それだけは少し悩みました。 表パッケージにはウイングとして紹介されていますが 付属のクリアパーツを使う事で武器として組み変えが出来ます。 コチラは大剣ですね。…

続きを読む

ガンダムデカール HGユニコーンガンダム

皆様、こんにちは。こんばんは。 昨晩、寝ている最中…寒くて何度も起きました。 室温25℃くらいで寒さを感じるとは… 暑い状態になれた体にはこたえる寒さなのでしょうか? とりあえず、ベッドの上に置いていた ひざ掛けや大きいタオルを体にかけて寝ましたが 起きたら体が冷えてバッキバキになってました。 辛い。反省。 これでは眠れないので…薄手の毛布出そう… さて、何時頃入手したのか?スッカリ忘れておりますが 1年くらい前に再販されたときに購入していた品がコチラ 「ガンダムデカール HG ユニコーンガンダム用」です。 1/144サイズ、HGキットの為のデカールです。 モデラーの方ならばご存じなのでしょうが ユニコーンガンダムは…とにかくデカールを貼る部分が多いのです。 凄い大変…と、RGのキットを何個も組んだ方から伺っております。 RGと比べたらHGの方が少ないかもしれませんが それでも多くてとても細かいです。 2ミリくらいのデカールが山のようにあります。 逆に考えれば、それだけ沢山のデカールが付属しているので 他のキットに使う為にユニコーンのデカールを流用するのも良いと思います。 白ボディのユニコーンに対して、デカールは主に赤、そして青になっています。 あ、今思い出しました。 HGユニコーンガンダムの完成品をプラモ復帰した頃に入手していたのですが デカールがどの程度貼られていたのか?全くチェックしてないです…

続きを読む

MG クロスボーンガンダムX1 Ver.Ka 箱絵塗装 紹介

皆様、こんにちは。こんばんは。 昨日は…夜22時にようやくオラザクの画像選別を終えて 作品をウェブ投稿しました。 つかれた… 寝たら朝になってました。 という事で、少しは模型活動をお休みしてゆっくりしたい所ですが プラモは山のように連なり、まだ提出予定のコンテストもございますので 結局、何かしらやらねばなりません。 頑張ります。 という事で、8月31日にGBCJ2021夏の結果発表がありまして ほのぼのフリーコースで最優秀ほのぼの賞を頂きました。 ありがたい事でございます。 気付いたら、その作品の事を全く紹介していないみたいだったので クロスボーンガンダムX1、カトキハジメさんの箱絵イラストを 何とか再現してみた作品画像を紹介致します。白背景文字無し版です。 自分なりな筆塗り表現で箱絵イラストを見ながら塗りました。 全てアクリルガッシュを使っています。 箱絵だと右上方向が光源になっているのですが 当然ながら…後ろ側のイラストは無い(はず)なので 背中側や、見えない角度部分は想像で同じように塗っています。 その理由から右方向が光源側になるので 色も白っぽいだけです… あくまでメインは正面左方向の箱絵角度でございますので…はい。 ですので、右方向からですと前方も白っぽいのです。 それも理由がありまして…右肩の紺色(?)部分も白飛びしているのです。箱絵イラストだと。 濃い青ですら白になっているの…

続きを読む

GBCJ2021 ガンプラ夏の陣 みんなで宇宙世紀 最優秀ほのぼの賞 受賞

皆様、こんにちは。こんばんは。 現在、少々多忙故に簡単なブログ更新で失礼いたしますが この夏にバンダイにて 「GBCJ2021 ガンプラビルダーズコンテストジャパン」が開催されました。 シーズン毎にお題が変わり、ツイッター投稿での応募という仕組みでした。 この夏のお題が「みんなで宇宙世紀」という事で 宇宙世紀に登場したガンプラが対象のコンテストでした。 23歳以上は一般の部に分類されるのですが 年齢制限のない「ほのぼのフリーコース」という枠がありました。 アイディアや挑戦心が評価ポイントという事で 技術の関係ないほのぼのフリーコースだ 自分の作風、筆塗り表現にはコチラがいいのかな?なんて考えて 製作しはじめたのが 「MG クロスボーンガンダムX1 Ver.Ka」でした。 前々から挑戦したかった バージョンカトキの箱絵の塗り方を再現すべく 筆塗りに励んで…7月末には完成して応募投稿しました。 コチラです。 文字も全てがアクリルガッシュの筆塗りです。 足元の文字は錯視の要領で文字を変化させて再現しました。 で、本日がその結果発表だったのですが ありがたい事に「最優秀ほのぼの賞」を受賞しました!!! 嬉しい!!! というより、一安心。ほっとした気持ちの方が強かったですねぇ… コレが良いのか?評価されるのか?? よく分からない状態でしたが 自分の中では筆塗り最中のX1のキットを机の上に置いていて それを見るだ…

続きを読む