試作BOX編み

イメージ 1 皆様、こんにちは。こんばんは。

本日は新たなリサイクルショップ
「800円でリーバイス501Eを売っていたり
 フラヘ3007(新品パッチなし)が1800円で売っていたり
 マッコイスタジャンが3800円で売っていた」
お店の2号店が僕の地元寄りにオープンすると聞いていたので
早速時間を見つけて出かけてきました!


……
オープンが明日に延期されておりました…

お店の正面入り口には今日の日付・曜日の書かれた看板の上に
簡単な紙で「9月22日 土曜日オープン」と訂正されておりました…

という訳で、明日、再訪致します。
しかし、明日は世間では連休中でございますので
かなりの混雑が予想されます。
駐車場はかなり広いのですが、相当混雑するでしょうし、
何よりレジに行列が出来るのが怖いです…

しかし、オープン直後に出かけないと
格安商品が無くなってしまう恐れがございますので
何とか、何かしらをGET出来ればなぁ…と思いました。

結局、オープンを期待している僕がいる訳ですねぇ…
欲しいモノは限られているのですけど。
というか、僕みたいに思考回路が壊れて色々集めている人間が
世の中にどれほどおられるのか不思議なのですが
僕みたいな極端な人間で無い限り
オープン初日の来訪は避けてもらいたいものでございます。

大型リサイクルショップは見る所が多すぎて
自分でも大変でございます…

さて、そういう訳でございますので
ブログネタは予定していた買物では無く、時間を見つけて作った
「ボックス編み レザーコード」の画像を紹介します。

3ミリの牛革・平紐を買い足しておいたので
先日、紙でボックス編みを練習した要領で編んでみました。

正直、作業工程は単純で簡単なのです。
ただ、1箇所折進めるのに1分くらい時間がかかります。

編み込むのに時間がかかる…というよりも
4本(元は2本)の革紐を締めないと
ボックス形状の大きさにムラができてしまうので
1箇所づつ、丁寧に絞り込んで1段が完成するのです。

2.5メートルの革紐で編み込んでいきましたが
ロープ部分が25センチを超えたあたりが画像状態です。
元々の革紐が短いので想定内ですが
ウォレットロープとしては短いのでコレでは使えません。
手持ちの革ストック(3ミリ幅 革紐)も無いので…

このまま編み終えれば…
大きすぎる携帯ストラップくらいにはなりますが
僕も多少は考えております。

縫い始め(画像下)にナスカンを付けておりますが
このナスカンの金具を外して
その部分から新たに別の革を足して編み込んでいこう…と。

つまり、ココから以前練習で編んだ一般的な4本編みのロープを継ぎ足して
2トーン(パターン)の切り替えしの
ウォレットロープにしようかなぁ…と思っていたのです。

色々なウォレットロープが世間に存在すると思うのですが
革が足りない理由で2パターンの継ぎ足しウォレットロープも
僕らしくて面白い…と思うのです。
完全オリジナルですので。多分。

という訳で、このウォレットロープの行く先は
自分でもどうなるのか判りません。

ただ、皆様に確実に言える事は
ボックス編みを紹介していたデイトナブロスに記されていた通り

「40センチ位のボックス編みウォレットロープを作るなら
 5メートルの革紐が2本必要」
というのは正しい情報だという事です!!

コストは…結局3~4000円くらいかかると思いますが
完成品を買うより安い…と思う方は
自作してみてはいかがでしょうか?とオススメします。

猛烈に時間がかかりますが…

"試作BOX編み" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: