水琴鈴

皆様、こんにちは。こんばんは。

1週間ぶり…それ以上の感覚がありそうですけど
夕方ロードバイクで走ってきました。

真冬用のジャケット、パンツ、シューズカバーを装着して走ったので
寒さを感じる事はなかったのですが
体力を戻すにはまだまだでございます。

今日も様子見で30分だけ走りました。

先日の事ですが地元の大型ショッピングセンター内で探し物をしておりましたが
良い音のなる鈴とか…そういうモノが欲しくなったのです。

理由は特に記しませんが
錫の風鈴(だったかな?)が良い音色だったのを思い出したので
そういう品は雑貨屋さんで売っているのかな~
と探してみましたが、錫製の製品って普通のお店には置いてないのですね。

まぁ…ネット等で探すのも良いのですけど
実際に音を聞いてみないと好みが分かれる気がしたので
実物を探そうとプラプラと歩いてみたのです。

で、結果的にですが僕がいつも利用している
(パワーストーン屋さんというのが正しいのか分かりませんが)
石屋さんでコチラの商品を発見しました。
イメージ 1
「水琴鈴」と呼ばれる鈴です。
読み方が判りませんでしたが「すいきんれい」と呼ぶみたいです。
何処かでこういう品があるとは知っていたのですが
実際に手に取ったのは初めてだったと思います。多分。

石屋さんなので、鈴の他に小さい水晶も付いています。
お値段は1800円でした。

撮影した画像のパッケージで店頭に並んでおりましたので
手に取って振って音を聞いてみました。
普通の鈴の音では無く綺麗で控えめな音が鳴り響きます。

水琴鈴の本体は普通の鈴と違って
切れ込みが入っていない閉じた球体になっていて
中に入っている玉(おそらくコチラも2重)が動いても
音が外に漏れずに球体の中で鳴り響くので
静かで綺麗な音が出る仕組み…っぽいです。

お店には鈴本体部分が金色と銀色のモノがあったのですが
銀色の鈴より金色の鈴の音の方が良かったのです。

なぜだろう?と気になったので
購入する前に店員さんに鈴本体の素材を聞いてみると
「真鍮製」と教えてくれました。

という事は、金色の鈴は真鍮の素材そのモノの色で
銀色の鈴の玉部分は塗装されているから
鳴り響く音に若干違いがあるのかな?と推測しました。

とりあえず今まで気づいていなかっただけで
石屋さんで良い音色の鈴を入手する事が出来ました。
常に持ち歩くつもりではないので
自宅のドアに取り付けて使おうかな~と帰宅する車の中で考えたりしましたが…

肝心な事を思い出しました。

良い鈴、持っていた…と。
良い音色の音のする鈴を何年か前に買っていたじゃないか…と。

既に所持していた鈴に関しては後日お伝えします。
今回の水琴鈴が良い品なのは変わりないです。

でも、今ブログを記す前にネットで調べてみましたが
水琴鈴って手芸取扱い店で販売しているのですね。
じゃあ、街の手芸屋さんに行けば
水琴鈴を単品で買えた…という事になりますねぇ。
おそらく鈴本体部分は他の商品と変わりない気がするので(製造元は同じでしょう)

う~ん
車で手芸屋さんの近くを通りかかって思い出したら
立ち寄って探してみます。
買うか?どうかは別として…

"水琴鈴" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: