ガンプラパーツ分類ケース 2

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨晩はケーブルTVで放送していた
「ニュルブルクリンク 24時間耐久レース」を流しながら
ガンプラを作っておりました。

もう…2~3ヵ月はグランツーリスモ・スポーツを
プレイしていない気がします。

その時間は全てガンプラ製作に費やされることになりました…

という事で、最近は散財しっぱなしの
ガンプラ関連の話題をお届けします。

他に話題が無い訳でもございませんが
ガンプラの話題を消化していきます。
イメージ 1
少し前の事ですが(GW前くらい)
いつもの様にダイソーに買物に出かけた際に
ガンプラ製作に使えそうなアイテムを探しておりましたが
コチラの小物分類ケースを購入してきました。100円。

更に少し前に同じダイソーの同じ小物入れ売り場で
小物ケースを購入しておりましたが
イメージ 2
左側のグリーンのケースに製作中の「HG V2ガンダム」のパーツを
入れて分類しておりました。
一部、武器パーツ等の大きな部分は違う場所に入れて保管しましたが
グリーンのケースは流石に少し小さすぎる気がしました。

設定上、小型化されたV2ガンダムでも
ケースの小分け部分は全て使いきりましたので。

なので、今回は若干大きめのケースを購入しておいたのです。
イメージ 3
で、先週は天気が悪いときに塗装作業に移れなかったので
普通に組み立てる用の「HG ガンダム リバイブ版」を開封して作り始めました。

素組みにデザインナイフだけのゲート処理、
そして合わせ目が見えてしまう部分の接着だけの作業工程で進めてみましたが…
イメージ 4
2時間で組みあがったのはコチラだけでした。
ガンダムの上半身と、武器・頭部の接着だけです。

デザインナイフでのゲート処理を割と丁寧に行ったので
その分時間がかかってしまいました。

良いニッパーでランナーから1発でパーツを切り離していき
組み立てるだけなら…全ての組立ては2時間くらいで終わると思います。

コチラのリバイブ版ガンダムは
塗装実験台として活躍してもらうので
v2ガンダム程、作業を丁寧に行っておりません。

でも、何も手を加えずに組み立てましたが
綺麗にパーツの合わせ目が消えるデザインになっている
装甲パーツ部分が僅かに隙間が出来る箇所がありました。

気にしなければ放っておいても良いのでしょうけど
こういう場合は組み立てるときにダボ穴(差込固定する組立て用の穴)を
緩くなるように少し加工しておくか、
合わせ目を消すまでではなくても軽く接着して
隙間を消す作業が必要だったかな~と思いました。

単純に組み立てる楽しみの為に作り始めたのに
どうも、細かい部分が気になるようになってしまいました。
良い事なのか?ガンプラ製作の泥沼にハマっているのか…   

"ガンプラパーツ分類ケース 2" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: