ゲイレール(鉄血のオルフェンズ ガンプラ)塗装開始

皆様、こんにちは。こんばんは。

仕事帰りにオモチャ屋さんに寄って新商品をチェックしたら
今週末は色々と興味深いプラモが沢山発売されるのですね!

…買う…のか。オイラ。

さて、GUNSTAの鉄血コン用に制作しているのが
「ゲイレール」という世界観的に汎用旧タイプMSのガンプラです。

先日完成させた「烈風羅漢(レプラカーン)」と一緒に
黒サフを噴いたのでソチラから紹介していきます。

まだ紹介していなかったみたいです。
geirail14saf.jpg
姿形が何となく似ているという思い込みから
「30MM」のオプションパーツ武装を取り付け
それだけでは物足りない気がしたので
「ボールデンアームズ」の武装も取り付けました。
geirail15.jpg
この状態でもなかなか良いですね。黒一色。

ガイアノーツの黒サフを使っています。
2~3倍くらいに薄めています。

エアブラシのハンドピースを分解クリーニングしたら
使い勝手が物凄く良くなったので
もっとこまめにやっておく必要があるな~と痛感しました。
geirail16.jpg
背中の武装は30MMキットのものですが
ブースターユニットを使って3つのライフルを接続して固定しました。
普通に3ミリ穴を使うだけでは不安定だったので
真ん中のライフルを中継して完全に固定されています。

背負い物の武器があるのも、何となく似合っている…かと思います。

で、黒サフを噴いた理由は
イラスト風塗装を行う際に影・装甲裏部分を黒くしておきたいから
サフで黒くしておけ~というつもりですけど
筆塗り部分と色合いが微妙に異なってしまうので
結局、装甲裏もアクリルガッシュを筆塗りで黒く塗るのでした…面倒ですよ。
geirail17.jpg
という事で、今回はゲイレールの基本色をそのままで
筆塗り・イラスト風、絵画っぽい塗り方で進めていきます。

まずは緑色部分を塗りました。
この画像だと腰部分以外はゲイレールそのモノの状態です。
geirail18.jpg
ちょっと迷彩柄っぽく見える感じもして
とりあえず、それなりに雰囲気が良く塗れたかと思います。

実は緑色を塗るのは難しいと思っていたので
(SD クシャトリヤを塗るとき、凄く苦労しました)
その時と比べたら若干腕前が上達した…気がします。
geirail19.jpg
後ろ側はこんな感じで武装が無いとシンプルです。
コレで終わりにしてもいいかな~と思いたい色合いですけど
やはり、全塗装します…よ。

ゲイレールは緑、暗めのブルー、グレーの
3色が主に使われている配色なのですが
この後は…実は武器を塗りました。

面倒なので…ライフル一つ塗るだけでも20分以上はかかっている気がします。
ミサイルポッドは…地味に辛いだけでございます。

その流れでグレー部分も塗ったのですが
パーツをバラして装甲裏を黒く塗ったりしたので
まだ形にしてなくて、バラバラの状態なので撮影した画像がございません…

グレー部分もある程度塗り終わったので
後は暗めのブルー部分、あと配色を決めかねている装甲部分が残っています。

大分作業は進んでおりますが、まだまだ筆塗りに時間はかかるので
頑張って…この週末には形にしたい…です。無理っぽいかなぁ。

"ゲイレール(鉄血のオルフェンズ ガンプラ)塗装開始" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: